作品情報

ABOUT

はじめに

岡山の子どもたちの健やかな未来を願って
地元岡山の文化にする

立場の違う大人たちが、一丸となって子どもたちを応援できる場を岡山につくり、子どもたちを輝かせたい。
そんな想いから「岡山子ども未来応援プロジェクト」として2017年に発足。

岡山子ども未来ミュージカル「ハロルド!」は、岡山県内の小学2年生から中学3年生までの子どもたちを公募し、プロの俳優やスタッフ陣とともに1つの目標に向かって力を合わせる、地域文化創造プロジェクト。

仲間とのつながり、表現することの大切さ、ひとつの物事を完結させる達成感、そういったさまざまな経験は、子どもたちにとってかけがえのない成長の機会になると考えています。

岡山子ども未来ミュージカルは日本の未来を担う「人」を育て、岡山で脈々と受け継がれていく「文化」にすべく、地域に根付いた取り組みとして今後も歩みを続けていきます。

「はじめに」イメージ画像

あらすじ

小学6年2組の教室に、
ヒューマノイドのハロルドがやってきた!

生徒たちは、とまどいながらも友情を育んでいく。
活発な女子生徒・みのりは、クラスの人気者。みのりとハロルドは兄妹のように仲良くなるが、心をもったヒューマノイドを回収しなければと研究員たちが迫ってくる。

キャンプの夜に逃げ出す2人。水源地から瀬戸内海までを旅する中で、さまざまな自然の営みと出会い、命のつながりの不思議や身近にある大切なことに気づいていく登場人物たち。

そして冒険の旅の終わりには……。

現代の岡山を舞台に、山・川・海、家族と友だち、人間、そしてAIとの出会いを経て成長していく子どもたちの物語。

「はじめに」イメージ画像

「This is MECENAT 2021」に認定!

This is MECENAT 2021

岡山子ども未来ミュージカル「ハロルド!」が日本で唯一のメセナ専門の中間支援機関である(公社)企業メセナ協議会の認定を取得

「This is MECENAT」は、全国各地の企業・企業財団が実施する多彩な企業メセナ(芸術文化を通じた豊かな社会創造)を顕在化し、その社会的意義や存在感を示すための認定制度です。

その認定制度の2021年度「This is MECENAT 2021」に岡山子ども未来ミュージカルが認定されました。

CHARACTER

みのり

みのり

小学6年2組の活発で
中心的な生徒でありヒロイン

ハロルド(ハル)

ハロルド(ハル)

みのりの父信司が開発した
人工知能を搭載したヒューマノイド

研究員

研究員

みのりの母冴子が働く
人工知能研究所の研究員

ジャージープリンセス

ジャージープリンセス

蒜山高原で飼養されている
希少な乳牛「ジャージー牛」

蝶

岩場に住み岸壁で優雅に羽ばたく
珍しい蝶「ベニモンカラスシジミ」

はんざき

はんざき

岡山圏域での特有の呼び名で知られている
「オオサンショウウオ」

アキラマイマイ

アキラマイマイ

岡山県南部と香川県島嶼部に生息する
固有なカタツムリの新種「アキラマイマイ」

CREATIVE TEAM

クリックタップするとプロフィールをご覧いただけます。

  • 坂口 理子

    原作

    坂口 理子

    坂口 理子

    原作

    坂口 理子

    「おシャシャのシャン!」で創作テレビドラマ大賞を受賞し、NHKでオンエアされデビュー。近年の主な作品はNHK「女子的生活」、Eテレ「昔話法廷」、映画「フォルトゥナの瞳」「恋は雨上がりのように」「メアリと魔女の花」「かぐや姫の物語」など。

    2022年5月には、フランク・ワイルドホーン作曲のミュージカル「四月は君の嘘」の上演も予定されている。

    創作テレビドラマ大賞最優秀賞、WOWOWシナリオ大賞優秀賞、城戸賞など受賞多数。

  • 腹筋 善之介

    演出・上演台本

    腹筋 善之介

    腹筋 善之介

    演出・上演台本

    腹筋 善之介

    劇団「惑星ピスタチオ」の座長として、細胞から大自然まで肉体のみで表現するパワーマイムという演出手法で多くのファンを魅了。現在は東京拠点の「IQ5000」と大阪拠点の「劇団FUKKEN」にて作・演出を手がける。

    俳優としては映画「さや侍」、NHK「世界遺産への招待状」のナレーションなど。

    NPO法人ロジカ・アカデミー設立に携わり、プログラミング教育のため大阪府池田市の小学校で教壇に立つなど、その活動は多岐にわたる。

  • 右近 健一

    作詞・音楽監督

    右近 健一

    右近 健一

    作詞・音楽監督

    右近 健一

    1989年より「劇団☆新感線」に参加。歌唱指導をはじめとして新感線の音楽セクションにおいて演出を支えている。

    独特の奇抜なキャラクターを活かし、歌って踊れる役者としての客演も多い。

    ロック・ミュージカル「TOMMY」では訳詞も担当。シャンソン、ジャズ、ロック、ポップス、ミュージカル等、様々なジャンルの訳詞及び作詞は300曲を超える。

  • Micina

    作曲

    Micina

    Micina

    作曲

    Micina

    東京音楽大学卒業。ポップスクラリネットのソロアーティストとして多彩なアーティストと共演。

    作曲家として、企業やアーティストへの楽曲提供多数。演奏・演出・作編曲を手がけた「Clarinet on the BEAT」の主催や、ポップスエンターテインメントグループCLASH(クラリネットカルテット)での台湾公演など、国内外で活躍中。6作のアルバムを発売中。

  • 山崎 翔太

    振付

    山崎 翔太

    山崎 翔太

    振付

    山崎 翔太

    ダンスカンパニーSDAの代表として舞台製作、振付師、ダンサーとして幅広く活動している。

    現在は舞台に出演する傍らミュージカル、よさこい、ショーレストランの振付やプロデュースなど多数手掛けている。

    主な出演は劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn』『髑髏城の七⼈』『メタルマクベス』などの舞台、関ジャニ∞、AKB48、天童よしみなど、数々のアーティストのバックダンサーを務める。

  • 大内 美樹

    総合プロデューサー

    大内 美樹

    大内 美樹

    総合プロデューサー

    大内 美樹

    地域、自治体、企業、各省庁とともに、子ども参加型ミュージカル等、住民参加型ミュージカルを多数プロデュース。

    神戸―鳴門ルート全通記念事業は全国初の住民参加ミュージカルとなった。愛・地球博モリゾー・キッコロメッセでの住民参加型60日ロングランミュージカルはパビリオン大賞を受賞。国内400以上の自治体での公演、中国・ベトナム・スペイン・アメリカ等、国内外で様々な規模の公演を実施。

    社会性とエンターティメントを融合させる手腕に定評がある。舞台芸術活動の他、体験型教育事業、地域文化創造事業を推進。

    アシスタントプロデューサー右近和紗とともに岡山発の新しい劇場文化を創造する。